カトミブログ/札幌カメラマン/photographer KATOMI

カトミです!札幌と東京で活動しています!STUDIOEYE所属

生きるとは、何でしょうか。#カメラマン人生

撮影が好き。

大好きだ。

 

大学を卒業して、撮影業界に入って、たくさん、刺激を受けて、

たくさん憧れる風景や事象をみてきました。

 

 

そこで、「自分」とは、、何か???

 

 

日本の武士はこう言っていたそうです。
『どう生きるかではない、どう死ぬかだ』

とても感銘を受けました。

武士の言葉をカメラマン職業に置き換えてみる。
カトミは、こう思います。


『何を撮り続けて死ぬか』

 

 

 

被写体限定の話では無く、

自身が、「何が気になって撮るのか」

 

 

 

カトミの過去を振り返ると

 

  • 20代前半カメラアシスタント及びカメラマン

刺激を受ける

こんなカメラマンになりたい!と、将来のビジョンを持つ。

とにかく技術を身につけながら、撮影現場に入る。

 

  • 20代後半

やりたいことは表現できるようになった。

仕事をたくさん増やせるようにしよう!

これで食っていきたい!と、思う。

 

  • 30代カメラマン

とにかく集中できること、関わりたい仕事に全力で時間とパワーを費やして仕事を進める。

関わった人たちや、世の中から自分への反応を楽しむ余裕が出来るし、その反応を楽しめる豊かさを体感できる。

自分自身の成長を感じられる。

 

  • そして、、、カトミの迎えようとする40代カメラマン

 

ちょっと考えはじめる序盤。

 

 

39歳になろうというカトミに見えている

カメラマンビジョンにおいて、

現状のカトミが感じているのはこんな感じ。

 

どんなにリラックスしている時でも、気になることって、気になるままなんです。

気になっていることって、忘れて無いでしょ?

どこかに残ってる。

気になっていることに、向き合えていないまま仕事と手だけが進んでしまうと、たまに迷子になりかける時があります。

 

だから、気になることがあるなら向き合うことが、

自然なのではないか、と思うようになりました。

 

 

「気になるなにか」や、「なにが気になってるのか」を、積極的に詰めたい。

 

 

 

 

すると、やりたいことや、やるべきことが見えてくるのではないかと思います。

 

 

 

「気になること」が人生を生きるヒントになるのかな。。。

日常生活の些細なことでもいいと思います。

 

 

気になることに関われるように

気になることにもっと出会えるように、

自分の身を柔軟にしておくこと。

自分自身がその方法を見失ってしまうと元も子もないね。

 

人は、生まれて、学び、「仕事をする」という経験を得られる生き物だと思っています。

 

華やかな生き物だと思います。

 

また、自分の華やかさの部分は、

自分自身が1番知っている。

 

世の中の、自信をなくしてしまうかたに、気づいてほしいな。

自分を1番に愛せて、

唯一、最終的に自分を救ってあげられるのは、

自分自身です。

 

自分の作り出した華やかさに自分自身が興奮できれば、

その興奮は、周りに伝わる。

世の中にちょびっとだけ何か残せるかもしれない。

 

 

 

生きるとは何でしょうか。

 

他人やまわりの反応、また、他人から良い評価を得たときに、自分が嬉しくなったり

自分の携わってきた事柄、及び自分の持つ華やかさを世の中に残したいと思うのは、

生命体に置いて、人間だけなんじゃないかな?と、思います。

 

 

今までの力をふりしぼって、もう一度やってみよう。

 

アホになってもいいじゃない。

 

 

何を撮り続けるか。

 

 

自分が、本当に欲していることに敏感になりましょう。

 

自分を大切にしましょ。

 

 

何を撮り続けて生きたい?📸😊