カトミブログ/札幌カメラマン/photographer KATOMI

カトミです!札幌と東京で活動しています!STUDIOEYE所属

13年ぶりにワクを作る。明日はワクワクしよう。

アシスタントの時によく作っていた

撮影用のディフュージョン。

撮影用品でいうと、フラッグ枠がわりに使う。

 

生のライト打つだけでは光が硬いので

光を拡散させて柔らかくするものだったり、

商品のハイライトいれるために写し込むものだったりです、この子は。

 

通称、ワク❤️

↓完成写真

f:id:KATOMI:20230105205101j:image

 

よし、作るよ。

 

ワクワクしようぜ!!!🔥

 

アルミ材とグルーガン使用。
f:id:KATOMI:20230105205036j:image

 

 

アルミ材を曲げる
f:id:KATOMI:20230105205038j:image

 

 

あつあつのグルーガンでくっつけてく。

サイズはお好み。
f:id:KATOMI:20230105205042j:image

 

 

接着部は、強度増すために、

冷めないうちに黒パーと共にグルーガン封じ込め作戦。
f:id:KATOMI:20230105205045j:image

 

↓ディフュージョンきっておく。
f:id:KATOMI:20230105205051j:image

 

↓アルミの細い面にりゃんめん。(両面テープ)

4辺つけ終わったら…

f:id:KATOMI:20230105205048j:image

 

↓剥がすandカットしておいたディフュージョンを両面テープ面に貼り、

今度はアルミの側面に両面テープはって(強度普通で良かったらこの作業省いてok)、

ディフュージョン貼りながら折り込んでく。
f:id:KATOMI:20230105205054j:image

 

 

 

↓ディフュージョン君ごと黒パーマセルで接着。

一歩手前までの作業どんなに雑でも、

この黒パーマセル様が、何事も無かったかのように美しく仕上げてくれる。
f:id:KATOMI:20230105205057j:image

 

完成!!!✌️
f:id:KATOMI:20230105205104j:image

 

ちょい歪んだけど全然おっけー

これ、、、13年ぶりに作ったけど、

意外と指が覚えてた。

 

ワク作りは

自転車と同じように、

作り方を忘れないらしい!!!✨

ちなみに、制作時間は10分たらず。

 

商品に写る側は綺麗だからおっけー!!!

f:id:KATOMI:20230105205101j:image

 

よくこの13年間、ワク作らないで我慢してたな。。、ちなみに、使用したアルミ材は、

スタジオアイ来た時に枠がなかったので、すぐ作ってやろうと思って6年前に買っていたものでした。しばらくワクの出番が必要性なかったため、保管してた笑

 

やー、やっぱ便利だよなワク。

サイズ違いで後日3パターンくらいつくるわ。

 

ま、センチュリーも必要になってくるけどね。。。💦

それもまた、追々❤️

 

明日は、、、

 

ワクワクするぜ!!!🔥📸